読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cosso-Linker

ライフ、モノ、サービスの雑記

ChromebookのGoogle Play対応によって実質Kindleが使用可能になった話

Chromebook Flipを相変わらず愛用していますが、ラッキーなことに、先行してGoogle Playに対応したため、Androidアプリが使用可能になりましたね。

[設定]→[Chrome OSについて]→[詳細情報]→[チャンネルを変更]→[Dev]

でいよいよAndroidアプリが使用可能になります。

もちろん、まだデベロッパーモードであることに同意する必要はありますが。。

 

しかし、多くのAndroidアプリは機能的にChromeブラウザで出来ることが多く、意外と活用シーンはあまり見いだせていません。。

Androidアプリしか機能提供が無い
Androidアプリ化したほうが相当運用が楽
Androidアプリの方が特典が多い

上記のようなものはあんまりないんでは。。?

 

と思ったらありました。Kindleですよ。

相変わらず、ChromeOS用のKindleアプリではマンガなど画像系の本しか読めなかったんですよね。というわけで試してみました。

 

インストール

Google Playアプリが有効になっていますので、Androidと同様にインストールします。

f:id:kortlan:20160621195452p:plain

 問題なくインストール出来ました!

f:id:kortlan:20160621200259p:plain

サインイン画面が英語ですが、日本人アカウントで突破。

起動と動作確認

起動後のホーム画面はこんな感じ。

f:id:kortlan:20160621200415j:plain

タッチで動かせます。
また、タッチパッドの指2本タッチでも同様の操作が可能です。

横置き画面で本を開くとこんな感じ。

f:id:kortlan:20160621200817j:plain

縦画面↓

f:id:kortlan:20160621200946j:plain

ページめくりは、タッチ&タッチパッド(2本指)で可能です。

Android版として動いていると思われるので、明るさや文字サイズの変更などは同様に行えます。

ただ、画面を最大化した状態以外で本を読む際に、任意の画面サイズに変更する矢印アイコン(↕)が出てこないので、任意サイズが難しいです。
また、横画面で本を開いていて縦持ちにした時、自動で画面リサイズがかかる際には画面サイズが最適でなく、再度アプリを起動し直す必要があります。(画面を切り替えてから起動すると問題なし)
この辺はChromeOS向けの最適化がまだといったところで、時間の問題かと思います。

Kindleストア

Kindleストアもアプリから問題なくアクセスできます。

f:id:kortlan:20160621201302p:plain

 

これでChromebookの弱点がひとつ、解消されたかと思います。
Chromebookの搭載メモリ容量を考えると、あまり常駐するようなAndroidアプリは入れないようにしようとおもってますが、これは必須でしょう。