読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cosso-Linker

ライフ、モノ、サービスの雑記

Fossil Q Marshal(Android Wear)の使用感

f:id:kortlan:20160918114045j:plain

US時計メーカFossil発のAndroidスマートウォッチ「Q Marshal」を入手したのでざっと使用感をレビューします。

注文から開封まで

Fossil公式サイトから購入しました。
平日火曜の13時頃に注文して、翌日には東海地方へ到着するという驚異的な速さでした。

f:id:kortlan:20160918111137j:plain

パッケージは時計メーカらしく正方形のハコです。
バンドはステンレススティールモデルです。

内容は本体と充電USBケーブル(専用)の他は、クイックスタートガイド、ワランティガイドくらいです。

まずはコマ抜き

今回はステンレスバンドでの購入なので、腕のサイズに合わせてコマ抜きが必要です。
自分はFossilも取り扱っている百貨店の時計店にて、500円でやってもらいました。

ここは一般的な腕時計と変わらないので、器具を持っている人であれば自力で可能かと思います。

ちなみに、バンドは本体との付け根につまみがあり、器具なしで容易に交換ができるようになっています。

f:id:kortlan:20160918112616j:plain

サイズ感と重量

気になるサイズ感は、、

f:id:kortlan:20160918111742j:plain

f:id:kortlan:20160918111830j:plain

スペック的には直径46mm、厚み14mmとなっていますが、メンズ使用では違和感ないと思います。
昔、調子に乗ってブライトリングのなんたらオーシャンなど着けてましたが、サイズ感的にはそういった存在感のある高級腕時計に近く、ステンレスの品位も感じられてこの点はお気に入りです。

重量は、、

f:id:kortlan:20160918112919j:plain

ステンレスバンドで4コマ外して”144g”でした。白飛びしててすみません。
重さ的にもメンズ使用では問題なし、といったところです。

スマートウォッチの充電

f:id:kortlan:20160918113503j:plain

充電ケーブルは給電をUSBで行い、スマートウォッチとの接続はワイヤレスで行います。丸型の充電器をスマートウォッチの文字盤裏側に付けて充電します。
ゆるめのマグネットで、”ぴと”って感じです。

f:id:kortlan:20160918113842j:plain

初めて接続すると、同時にセットアップ画面が起動します。

セットアップ

この状態ではまだスマートフォンとリンクできていないので、まずはAndroidとの接続を開始します。
基本的にはガイダンスに従えば、すぐに使用可能になります。

f:id:kortlan:20160918114431j:plain

ようこそ画面→
日本語を選択→
スマホ側でアプリ「Android Wear」をインストール→
スマホとスマートウォッチをパスコードで認証

で完了。

使用感

正直、まだスムーズに使いこなせているわけではないですが、ざっと記載します。

通知機能

メール、LINE、着信のほか、基本的にAndroidの画面や音/バイブで通知が行われるものは、初期設定ではすべて通知が行われます。
そのため、必要に応じてアプリ毎の通知をブロックするといいです。

Android Wearアプリから制御でき、[起動画面の右上歯車⚙]→[アプリの通知をブロック]からできます。

f:id:kortlan:20160918115459j:plain

バッテリー

バッテリーは、以下設定で8時〜21時くらいまで平日使用し、
帰宅時の残量で50%でした。

・通知を表示(通知を非表示をOFF)
・音:ON
・シアターモード:OFF
・明るさの強調:OFF
・明るさの調整:1
・手首の操作:ON
・常に画面表示:ON

通知の確認程度で画面操作はあまり使用しませんでしたが。。
付けてて画面が消えるのも嫌なので輝度を落として常時画面表示してましたが、少なくとも1日は余裕で使えそうです。

ちなみに、「手首の操作:ON」では、着用した状態で"時計を見る動作"をクイッと行うと[時刻の簡易表示]から[フル機能表示(天気や電池残量など)]にパっと切り替わり、操作可能になります。

アプリ

通知の確認と簡易な応答はスマートウォッチで可能です。

OK, Google.による多様な操作によるスマホ連携は、工夫次第でかなり便利に使いこなせそうです。

f:id:kortlan:20160918120601j:plain

Googleマップのナビ中はスマートウォッチ側でも連携して表示されます。
雨の日に手が塞がる場合や、車でもスマホ画面を除くよりは安心かもしれません。
曲がり角が近づくと時計でも音やバイブで通知します。

こういったアプリ独自機能は今後も充実していくものと思います。

その他

Android Wearバージョンは1.5.0.3113489で、最新状態でした。