Cosso-Linker

ライフ、モノ、サービスの雑記

ふたりの挙式、披露宴にむけたイメージづくり

無事にご結婚が決まったカップルの方へ、

さっそく式場や日取りなど決めていきたいかというところだと思いますが、

今思うとやはり、段取り的には、二人が望む方向性やイメージを共有しておくのが良いと思います。

 

 

挙式、披露宴、二次会やその他演出を想像したとき、誰と、どんな様子が楽しいか。おもてなしになるのか。

そういった点を列挙してみます。

誰と分かち合うか

ご自身の親族もそうですが、相手の親族、ゲストとの兼ね合いも重要です。

特に披露宴では、お互いの親族の関係性から離れるゲストほどメインゲストであることも忘れてはならないと思います。

ゲストがどこからお越しになるかによって、地元で挙げる場合などはその土地らしさを味わってもらうことも題材となり、式場選びなどに影響してきたりするのです。

 

どの場所で行うか

地元で挙げて、ゲストに遠方から来てもらうときはやはりその土地ならではのものがもしあれば、楽しんでもらえるかもしれません。

食や土地ならではの文化など。。

私は静岡で執り行ったので、富士山や海の幸は存分にお楽しみいただきました!


f:id:kortlan:20181112204600j:image

 

雰囲気は

二人の性格、趣向などから、おおよそどんな式にしたいかを話し合ってみては。

 

アットホームで賑やかに過ごせる

とか、

挙式の進行や披露宴の内容は、敢えて奇をてらわない

とか。

全体的な雰囲気はナチュラルでグリーンが多めでシャビーに

とか。

 

これは少しだけ共有できれば、今の準備段階では充分だと思います。

 

これからの準備の第一歩

式場探しにあたっては、誰にどんなもてなしをしていくのかが、おぼろげながらでもあれば、迷ったときの方向性をサポートすると思いますがいかがでしょうか。